豊胸手術 健康阻害

豊胸手術は最終手段?


胸を大きくしたい、バストアップの過程で、何をやってもダメだとしたら。

そうしてもう豊胸手術しかないとしたら、あなたはどうしますか?


時間と費用の問題がクリアされたとしても、私ならやりません。

まず最初に知っておいてもらいたいことは、乳がんなどの乳房再生術は別として、豊胸手術を受けたら、引き返すことはできないのです。

つまり、あとから後悔しても元には戻らないということを覚悟しなければなりません。
どれくらいの割合で豊胸手術に満足している人がいるかはわかりませんが、手術を受けたら、それで終わりという甘いものではないのです。

私の場合、バストアップについて調べていた時に、豊胸手術という選択肢にぶつかりました。
しかし、わざわざ異物を体内に入れるのは生理的に受け入れがたいのと、様々な危険因子や問題があることを知り恐ろしくなりました。


豊胸手術の方法としては

◯バッグ挿入法(生理食塩水やシリコンジェル、パラフィンなど)
◯脂肪注入法 、脂肪幹細胞移植(CAL法、セリューション)
◯コンデンスリッチファット法(CRF法)

◯またプチ整形的な ヒアルロン酸注入などがあります。


いずれも異物を体内に混入させることに変わりはありません。不快感や拒絶反応に長い間、苦しむ生活が続くことも多いようです。
また身体の成長や変化に適応してくれるわけもなく、経年による劣化などによる再手術なども不可欠になってきます。

また問題視されていることには、豊胸手術をした人の自殺率の高さがあります。フィンランドやスウェーデン等のスカンジナビア諸国では、
自殺率が一般女性の3倍、豊胸手術大国アメリカでは一般女性に比べて50%高いというデータがあります。


豊胸手術を受けたことの後悔、その後の苦しみが自殺へつながっているのでしょうか? 

もちろん豊胸手術を受けたことで人生が明るくなったというケースがあることも否定できません。

ただ私が言えることは、豊胸手術ではなく「自らの力でバストアップを果たし、人生を明るくしませんか」ということです。


 

サイトマップ